寺子屋 大仙寺の日々是好日

三重県伊賀にあるお寺。大仙寺の寺子屋ブログです。探究型の寺子屋です。HP → https://www.iga-daisenji.org/

本の紹介 お坊さんの100冊

本の紹介「お坊さんの100冊」

モノの見方を変えてくれるのは、いつも本でした。面白かった本、役に立った本、自分を見つめ直させてくれる本、いろいろです。そんな本を、ぼちぼち紹介していきます。

 

No.13

・ワークショップ作りを学ぶ入門書・

ワークショップとは、参加者の創造性を最大限に発揮できる場づくりのこと。プログラムの作り方から、参加者とどのように関わるかまで幅広く記載されている一冊。ワークショップに興味がある人にはぜひ手に取ってもらいたい。

No.12

・子どもと一緒に成長する学級づくりの決定版・

先生が引っ張るのではなく、一緒に歩む学級作りを学べる一冊。ボクはすでにこの本は5冊目です。理由は人にあげたり、読みすぎてボロボロになったりしたからです。それほど、素晴らしい一冊。人生が変わった本だなぁ。

 

No.11

・子どもと子どもをつなぐアクティビティのバイブル・

子どもと子どもをつなぐアクティビティのバイブル!身体を動かすものから、課題解決して力を養うものまで、バラエティに富んだアクティビティが紹介されている。写真付きでとても分かりやすい。なぜこのアクティビティをするのかもよく分かる。子どもに関わる仕事の方には必須の一冊。

 

No.10

・あなたは独りでないことを教えてくれる一冊・

全ての人がいつか亡くなる。その時に、何を思うのか。そして、側にいる人ができることは何か。亡くなる前に訪れる、「なかよしタイム」。あなたがいてくれて良かった。私たちはしっかり生きていくから。愛をしっかり伝えること。いつ死が訪れるか分からない。死生観を鍛えておくことは、今を生きることにつながる。そう感じる。

 

No.9

・自分も地球の一部だと教えてくれた一冊・

都会の暮らしを離れ、農的な生き方を実践する加藤さんの記録。家を建てる、農業をする、経験の無いことを探究心と仲間との協働で乗り越えている姿がかっこいい!!「情熱を傾けられる仕事しかしない!」「お金のために自分の時間を売るような仕事はしたくない。」心に刺さる。

No.8

・祈りの時間をくれた一冊・

カトリックシスターと、臨済宗僧侶のエッセイ集。祈りは、独りよがりに生きてしまうボクを立ち止まらせる。毎朝、自分の幸せ、あの人の幸せ、生きとし生けるものへの幸せを祈る。こんな何気ない日常に感謝の祈りも捧げる。広い世界で、自分のことを祈ってくれている人がいる有り難さ。僕たちのいのちは深いところでつながっていると感じる。いのちは、自分では作り出せない。自分を超えた計らいの中で、今、できることを精一杯すること。幸せへの近道だ。

 

No.7

・生きる力が湧いてくる一冊・

聖心会シスターの鈴木秀子さんの生きるヒントが散りばめられた一冊。鈴木秀子さんを知ったのは傾聴について学んでいる時のことだった。彼女のあるがままを生きる姿に感銘を受ける。キリスト教も仏教も、根本的には自分自身をじっくり見つめるという点では同じなんだと感じる。あまりにも素敵な本なので、気になった言葉を備忘録として記しておこう。

 

iga-daisenji.hatenablog.com

No.6

・子どもに仏教を伝えるときに役に立つ1冊・

身近に仏教はあっても、なかなか分からないのが仏教。僧侶と子どもたちのやりとりで学ぶ仏教入門書の一冊。著者の釈先生は、日本を代表する仏教学者の一人。ボク自身も知らないことばかりだった。状態が変わるときには、宗教儀礼をしてきた日本人。例えば、七五三、結婚式、お通夜、葬儀などがあげられる。非日常の場では、全員が同じ方向を向くことが大事だというのはなるほどと思った。葬儀であれば、喪に服す服装にし、亡くなった人を悲しみ、その人の生きた人生に想いを馳せる。宗教儀礼ネアンデルタール人の時代から続く、人間が人間たる行いの一つだ。目に見えないものを信じる心。今の時代に必要なことではないだろうか。

No.5

・ボクの師匠の、育つのは子ども教育論・

子どもは自ら学ぶから育つ。やりたい、やってみたいがある目的のある活動があれば、子どもは学び出す。教える、教え込むという教育とは一線を画す教育論。寺子屋で大事にしていることそのもの。子どもは目的のある活動を前にすると、達成したいがために、調べ、試行し、修正していく。それこそが学びの営み。今流行りのPBLの元である、キルパトリックのプロジェクト学習がベース。プロジェクト学習に取り組みたい教育者は必読!

 

 

No.4 

・アナログなプレゼン方法であえて勝負・

これまた日本を代表するファシリテーターの川嶋直さんの一冊。川嶋さんは世界的な環境会議なども企画運営する会議やプレゼンのスペシャリスト。そんなすごい人なのに、お会いするとものすごく謙虚で温和な方。そんな川嶋さんらしいプレゼン方法。その名もKP法(紙芝居プレゼンテーション)A4の紙に伝えたいことを短く書き、順番にそれを見せていくことでプレゼンにしていく。デジタル全盛期と対局したアナログなやり方。しかしながら、紙には短いパワーワードしか書けないから、おのずとプレゼンがシンプルで分かりやすくなる。オンラインでも使える素晴らしい方法だ。

 

No.3

・オンラインで子どもを笑顔にする遊びが満載・

日本を代表するファシリテーターの青木将幸さんの一冊。オンラインワーク授業などで、参加者が思わず笑顔になってしまうアクティビティが多数紹介されている。徹底してオンライン授業を分析した青木さんならではのアクティビティの数々。実際にオンライン寺子屋でも、この本のアクティビティをたくさんしました。笑顔になるから関係性がよくなり、学びが促進されますね。アクティビティのやり方だけでなく、どのように説明するかなども分かり、オンラインで悩む人にはぜひ手に取ってほしい一冊。

 

No.2

・複数の言語が組み合わさるルーツ探しの物語・

少女が流れ着いた島は、女性が歴史を握る不思議な島だった。流れ着いた少女と、島の少女の交流と成長の物語。この小説で考えさせられたことは、祈るということの意味。祈りの先には何もないことを知る彼女たちは、それでも祈り続ける。なぜ祈るのか?他言語、異文化理解、同性愛など、いろんな切り口で読むことのできる一冊。台湾出身の作者の美しい日本語も素晴らしい。

 

No.1

・感謝の気持ちをもつことを学んだ一冊・

名将 野村克也さんの、選手との向き合い方が書かれている一冊。「世のため人のために、一生懸命になるんだ、それが結果的には全部自分に返ってくるんだ。」この言葉、ついつい忘れがちになる。目立ちたい、かっこよく見られたいって思ってしまうけど、我慢する、考え抜くという下積みがなければ、結局、かっこよくない。野村さんの言葉が、心を揺さぶります。一つ一つの縁に感謝し、こつこつ地道にやっていくこと。今の時代に足りないことかもしれません。

 

 

死の体験旅行®︎とは

大仙寺でも定期開催されている「死の体験旅行®︎」とは、どんなワークショップなのでしょうか?

 

「死の体験旅行®︎」の原型は欧米のホスピスで生まれました。死に向かう患者の気持ちを理解するために、医療従事者向けに開発されたワークショップです。

 

一般の人も受講できるように、日本の僧侶や医療関係者が「死の体験旅行®︎」を開発しました。

youtu.be

 

「死の体験旅行®︎」では、擬似的に死を体験します。といっても、棺桶に入るとかそういう類のものではありません。

 

病気になり死に向かっていく主人公の物語に、自分自身を重ねていくのです。

 

死に向かっていく中での、いくつもの別れを体験します。

 

参加された方の多くは、涙を流します。

 

そして、今の自分にとって大切なことや人に気づいていきます。

 

ワークの後は、参加者で今の気持ちを共有します。

 

この時間が、さらに自分の死生観を深めてくれます。参加者の心に触れ、とても温かく穏やかな時間が流れます。

 

死を見つめることで、よりよく生きたいと願う自分に出会えます。

 

非日常の空間で、日常を俯瞰して見る、そんなイメージでしょうか。

 

あなたも「死の体験旅行®︎」に参加してみませんか?

南無フェス/死の体験旅行

昨日は、南無フェス&死の体験旅行でした。

 

子ども達による、子ども達のためのお祭り。

 

射的、スーパーボール、駄菓子屋さんをしました。

 

一番の幸せタイムは、実行委員の子達で昼食にカレーを食べた時間です。

 

寺子屋らしい景色でした。

 

妻特製のカレーを腹がはち切れるほど食べる子ども達。ばあちゃんの寺子屋で、カレーを食べた日のことを思い出しました。

 

ばあちゃんに守られている感じがします。ありがとうばあちゃん。

 

夜は、死の体験旅行です。

 

参加者の方の心に触れ、一人一人を愛しく感じました。

 

出会った人を、大切に思い続けること。

 

これがやりたくて、僧侶になった気がした一日でした。

f:id:iga-daisenji:20211017090140j:plain



大人の背中 vol.11 自分の模様を作ろう ~寺中有希さんと~

寺子屋中学では、いろんな分野で活躍する大人と出会う時間があります。

 

その名も、『大人の背中』今回は、イラストレーターでもある寺中有希さんです。昨年に引き続き2回目のワークショップです。有希さんの、人柄、ファシリテーション、イラスト、全てのファンです。お寺の絵も描いていただいてます。

 

iga-daisenji.hatenablog.com

 

今回のワークショップは、『自分の模様を作ろう』です。

 

勉強、部活、家族、友達のことなど、悩みも多い中学生。自分作りの大切な時期を過ごしています。

 

いつも子ども達に話すのは、「自分で考えること。自分で決めること。可能性を疑わないこと。」

 

一人一人は天才として生まれてきている。でも、いつの間にか、これはできない、できそうもないとセーブをかけがち。

 

時代は、大きく変わっています。チャンスもたくさんあるのが今の時代。チャレンジしないと何も与えてくれない時代。厳しくも可能性に溢れた時代だともいえます。

 

www.i-learning.jp

 

自分のやりたいこと、できることを探し信じ続けてほしい。そのためには、日頃から自分で考え、自分で決めることを練習していく必要があるのではないでしょうか。

 

有希さんとのワークショップは、自己決定の連続でした。

 

最初は、しるらないカードで、今の気持ちに合うカードを選びます。部活で悩んでいるからぐるぐるのカードを選ぶ子、家で一人でいる時の気持ちを選ぶ子、それぞれにしっかりとした理由があります。

 

たどたどしくも、自分の感情を言葉で表現する姿。自分の内面にアクセスしていることがよく伝わりました。こうやって自分が作られていく。そう感じました。

 

いよいよメインワーク。有希さんが作ってくれたスタンプで、自分の模様を作っていきます。

 

スタンプだから、上手い下手を気にしなくていい。人と比べることから解放されている時間です。子ども達の心が表現されているように感じます。

 

最後は、それぞれの作品を見合って分かち合う時間

 

ワーク終了後の晴れやかな子ども達の姿が印象的でした。

 

中間テストが終わった、このタイミングで有希さんのワークをしたのが良かったとボクは感じました。

 

自分と向き合うからこそ、遊びも勉強も部活も充実させることができると思います。うまくいくことも、いかないこともあるでしょう。そこから何を学ぶのか。育つのは自分自身。育とうとする子ども達の芽を大切にしてあげたい。

 

そんな時間でした。有希さんありがとう。

 

 

 

 

勉強の仕方〜寺子屋中学部で大切にしていること〜

テストや受験勉強にはコツがあります。

 

そのコツを掴むことが、成績を上げる近道です。

 

思春期にもなると、この勉強何の役に立つのだろうかと疑問をもつことがあります。

 

疑問をもつことは悪いことではありません。しかし、その問いに囚われてしまうと勉強に向き合いにくくなります。勉強が好きであろうが嫌いであろうが、進学する時には必ず試験があるわけです。勉強はその試験をパスするための手段の一つです。

 

大きな疑問に囚われすぎず、まずは目の前のテストの点数を上げることを目標にするのが良いと思います。

 

では、どうやったら成績が上がるのでしょうか?

 

少し難しい話ですが、人間の記憶について考えてみましょう。

 

記憶には、長期記憶と短期記憶と呼ばれるものがあります。短期記憶とは、すぐに忘れてしまう記憶の仕方。長期記憶とは、記憶をしたことを長く保持することができる記憶の仕方のことです。

 

youtu.be

 

テストや受験で使うのは長期記憶の方ですね。人間の脳は物事を忘れてしまうようにできています。忘却曲線といいます。これは時間が経ったら忘れるということを示しています。当たり前ですね。

ja.wikipedia.org

ではどうしたらよいのでしょうか?

 

ずばり、反復することです。えーーー、結局それかよっと思ったみなさん。そうなんです。結局、それなんです。じゃあ、どうやって勉強するのが成績が上がりやすいのでしょう。

 

学校のワークを繰り返すこと。それにつきます。同じ問題を何度もすることで、長期記憶に変わっていきます。実は応用力も自然と身に付きます。学校のワークが完璧になったら、他の問題集などに取り組むのもいいでしょう。そこまでできたら、めちゃくちゃ成績は上がっています。

 

なかなか成績が上がらない人にありがちなのは、たくさんの問題集や塾に行っていることです。理由は、いろんな課題をやりすぎて、反復できず長期記憶になりにくいからです。

 

まずは学校のワークを繰り返し完璧にすること。さらに上を目指したい時に、違う問題集などに取り組むのが良いでしょう。

 

とはいっても、なかなか一人ではできないもの。だから共に学ぶ仲間が大事なんです。一緒に刺激し合いながら、それぞれの目標に向かっていく。

 

人が成長するための条件として、共に学び合う仲間がいることが挙げられています。

 

寺子屋中学部で大切にしていることです。

 

 

 

 

機嫌よくいれば、だいたいのことはうまくいく

聖心会シスターである鈴木秀子さんの著書に、あまりに感動してしまった。

心に留めておくために、気に入った文章を抜き出しておこうと思う。

 

一つだけ言いたいこと。

 

キリスト教も仏教も、自分を徹底的に見つめることが始まりだということ。腑に落ちた。

 

「思う通りにいかないからこそ、そこに輝き出るものがある。普段、見えないものが、病気になったときには見えてくる。人のありがたさが、自分が何もできなくなったときに身に沁みる。何かを失ったときに、その尊さが見えてくるということがある。」

「今日一日幸せでした、ありがとうございます。明日も一日幸せです。ありがとうございます。」

「命とは与えられるもの。自分の命は自分では作り出せません。」

「嫌な出来事があると、ついつい人のせいにしたり時代のせいにしたりしがちですが、そうではなくて、悪い出来事も自分を清めるため、心を高めるために起きている。感謝して受け入れることで新しい道がひらかれていく。」

「人はどんな理屈を言っても変われるものではありません。頭では分かっていても芯から変わるのは、ほんとうの意味で自分で実感したときです。自分のなかからこうしたいという思いが湧き出てこない限り、人は変わり得ないのです。このように人間のなかには深い知恵があるのですが、なかなか自分の力ではその知恵に達することができない。誰かが寄り添ってあげないといけない。私はそのときがくるまでじっと待つことにしています。」

「この方々が人間として成長して苦しみが少なくなりますように、ご本人はもちろん、周りの方も幸せに包まれて生きていけますようにと日々祈っています。」

「この苦しみは何か意味があって与えられているのかもしれません。」

「この辛さを乗り越えることで、生きがいにつながる何かが見つけられたら。」

「苦しみを乗り越える第一歩は、自分のなかに湧き出る感情をただ認めることです。自分を責めたり解釈するのではなく、起こった出来事とあなたの想いをそのまま受け入れて下さい。日記や手紙など文字にすると感情が整理しやすいでしょう。あるがままの自分の感情を受け入れることから始めると、心はしだいに静かになっていきます。」

「苦しみには必ず意味があります。あなたには、その苦しみを乗り越える底力があります。そしてあなたのことを思い、守ってくれる味方が必ずどこかに存在しています。私たちはそもそも完璧ではない。弱いところはあるけれど、ダメではない。ちゃんと立ち直る力はもっているのです。」

「最期を迎える母に、お母さんありがとう、私たちはお母さんが残してくれた家族親戚と仲良くしていきます。だから、もう大丈夫、安心してね。」

「亡くなった人が望むのは、愛する人やその周りの人々が生き生きと自分らしく生きていくことです。」

「安心して逝ってくださいね。私たちもみんな仲良く、幸せに生きていきますから。」

「こんなに泣ける私って素敵。」

「幸せな人生をくれた夫のためにも、自分の命は人を喜ばせることに使いたい。」

「亡くなった方はどんなふうにあなたを守り、愛してくれましたか?具体的に考えてみましょう。」

「遺影をながめていると、どんな姿を思い出すでしょうか?」

「書き出してみると、その人に代わって優しい笑顔を見せてくれる人があなたの周りにいることに気がつきませんか?」

「それは亡くなった方が残してくれていったもの。あなたにご縁のある人たちを通して、あなたへの思いを伝えているのです。存在はなくなっても、どこかに生き続けている愛情の形」

「私に限らず、多くの日本人が人間を超える大きな力を知っています。大変なことがあったらどうかお願いしますと手を合わせます。」

「亡くなった人の勤めは縁のあった人を見守り、力を贈ることだといいます。亡くなった人が願うのは、縁のあった人たちが笑顔で機嫌よく暮らすことだけ。」

「供養というのは、亡くなった方から教わったことや支えてもらったことを糧にして、いまを一生懸命生きること。」

愛する人が亡くなったという現実は変えることができないなら、受け入れましょう。そして、今日から亡くなった方が喜んでくれるように、大事に生きるのが一番です。」

 

寺子屋オンラインのはじめかた

学区の小学校が休校のため、寺子屋もオンラインで今週は進めました。大人へのオンラインワークショップや授業の経験はあるものの、小学生は初めてです。

 

こんな時は、友達に頼ろうということで、あおせんにレクチャーしてもらいました。

ao-labo.com

彼は自分たちの学校で、オンライン授業をたくさん経験しています。頼りになります。

 

彼からのレクチャーを受けて、オンラインの特徴を掴んだ上で、プログラムを作れば対面と大きく変わらないということに気づきました。

 

オンラインの特徴とは、反応が分かりにくいこと、身体の動きが少なくなることだと思います。

 

それらを踏まえて、はじめての寺子屋オンラインを実施しました。

 

「オンラインも結構面白いね。」とか、「友達のこんなことが知れたよ。」とか、「みんなで集中できた。」とかそんな感想をもってもらえたらいいなって思いながら、授業を考えました。

 

そんな授業のことを書いておきます。オンラインに取り組む先生や友人の助けに少しでもなればと思います。

 

まず、参考にした本はこれです。青木将幸さんのアイスブレイク本です。日本を代表するファシリテーターの一人ですね。

この本、永久保存版です。というのはアクティビティだけでなく、インストラクション(説明)が秀逸で、著者のマーキーさんがどんな場を作ろうとしているか息遣いまで分かります。しかも語り口が優しい。大好きです。

 

ではでは、寺子屋オンラインのはじまりはじまり。

 

ZOOMを使いました。初めて使う方もいらっしゃったので、事前に接続確認の日を設けて確認しました。パスコードを打ち込まなくても入れるように設定しました。できるだけ作業を少なくすることで、難しいという印象がなくなるはずです。

 

当日は、無事にみんな入室できました。

 

入ってくるところから、オンライン授業は始まっていると思います。

 

「○○さんいらっしゃい!お昼食べた?」とか、一人一人に声をかけます。すると一気に温かい空気になります。ボクも嬉しい気持ちになります。

 

オンラインだからこそ、会話量を増やしていくことが大事だと思います。

 

その後は、みんなで挨拶です。せーので声を出すと面白いです。日本語だけでなくいろんな言葉でやりました。マイクのオン・オフの練習にもなります。

 

そして、チェックイン。

 

「今日のお昼ご飯は?」「今の気持ちは?」というお題でお喋りしました。うなずいたり、リアクションとったり、質問したりする子どもの姿を褒めて価値づけしました。

 

「うなずいてくれるっていいね。嬉しいよね。大切にしていこうね。」

 

大切なことは、子ども達の姿から語ることです。

 

そして、宝物紹介をしました。自分の家にある宝物を探してきて、見せ合いっこです。ゲームの子もいれば、ぬいぐるみの子もいます。一気に場が和らぎます。

 

家でオンラインをしているので、友達の家に遊びに行った感じになりますね。

 

次に○✖️クイズです。リアクションの練習にもなりますし、クイズは子ども達大好きです。動物クイズをしました。ネットにたくさんネタが転がっています!

 

クイズの次は、お絵かきです。テーマはボクの顔。二分間で書いてもらいました。ふざける子がいるので、「絶対変に書いてるんでしょう。嫌な予感するなぁ」とか言って盛り上げました。そうすることで、絵が苦手な子もハードル低く取り組むことができます。

 

せーのでみんなで見せ合い、たくさん笑いました。

 

ここまでがアイスブレイクです。めっちゃ長い気がしますか?

 

ボクはアイスブレイクをたっぷりすることをお勧めします。理由は、オンラインにポジティブな気持ちがもてるし、オンラインでも子ども同士の関係性を深めることができるからです。

 

子どもは心地のいい関係性の中で育ちます。オンラインだからといって、一方的なやりとりになってしまうと学びに勢いが出ないとボクは考えます。何より楽しくなくなってしまう。楽しいがあるから、頑張れます。

 

だから、最初のアイスブレイクめちゃくちゃ大事です。少々、時間かかってもいいです。

 

ここからは、勉強の時間です。オンラインの難しさは、子どもの手元が見えないことです。だからいつものようにはいきません。少し工夫をしました。

 

漢字ドリルから、自分が間違いやすい漢字や、書いてみたい漢字を一つ選びます。それを1分間で、できるだけ多く書くように伝えました。

 

子ども達は目的がはっきりしているので、一気に書き始めます。

 

「鉛筆から煙が出そうだね。」「○○さんの集中した顔が素晴らしいね。」とか、子どもの姿を観察し、言葉をかけます。

 

ここが肝です。オンラインでも、みんながつながっている、先生は見てくれていると感じられるからです。

 

それを何回か繰り返し、集中して学ぶことを体験します。もちろん、漢字をたくさん書くことの学習効果もあります。

 

そこから20分、自立学習の時間です。いつも寺子屋でしているので、子ども達は勝手が分かっていますね。とはいえ、オンラインだと手元が見えないので、学習を把握するのが難しいです。

 

そこで、最初に何をするかを一人ずつ話してもらいました。そうすることで、こちらもイメージをもてます。

 

さっきの漢字学習の集中力を持続して取り組めていました。とはいえ、学習のフォローをどのようにするかは検討が必要です。

 

もちろん、全員が同じプリントをするとかにすると、答え合わせも一緒にできるし良さそうに見えますが、それだと一人一人に必要なことができなくなりますし、異年齢の集団だとできることが限られます。

 

むしろ、学びの個別最適化が文科省からも通達されているように、それぞれの学習を進めるのが学力をあげる近道です。

 

解決策としては、デジタル教材の使用が考えられると思いました。

info.eboard.jp

NPO法人eboardの教材は無料で使えますし、とても良問です。ボクも問題制作に関わらせてもらいました。次回はこれを使おうと思います。

 

勉強のあとは、休憩をいれます。

 

「おやつ持ってきてみんなで食べよう。」

 

これはみんな嬉しいですし、何より笑顔になります。ワイワイと盛り上がります。

 

オンラインでは運動不足になりがちなので、その場で走ってもらって、蛇と言われたらジャンプ、木と言われたらしゃがむなどをしました。

 

これもっと開発の余地があって、ボクの画面をジャングルみたいにしたり、ジャングルの動画にしたりしてもよいかもしれませんね。

 

その後は、借り物競争をしました。家の中からお題にあったものを探してくる遊びです。

 

「丸いもの!」

 

一斉に探しにいきます。こうやって動きをつけてあげることで、身体もリラックスできます。

 

最後は、今日の感想を言って写真撮影で終わりです。

 

盛りだくさんの活動でしたが、同じ活動が長くなるとオンラインだと集中が途切れがちになります。テンポよく活動を進めるのが良いのではないかと思いました。